STLOGスタログ

2022.01.17

#

【Instagram活用術2】「リール」の動画投稿でフォロワー以外にもアプローチ!

コラム

スタイルメントのインスタグラムでは、さらにデザインの魅力をお伝えするため、リールの投稿をはじめました。 ここでは、企業がリールを投稿するメリット、フォロワー以外のユーザーに動画を見てもらうためのポイントをご紹介いたします。
弊社インスタグラムアカウント

目次

リールとは

リールとは、15秒~60秒の縦長動画の投稿・視聴ができる機能です。ストーリーズと同様縦長でインパクトのある映像を発信できます。また、Instagramのアプリ内でフィルターやBGMなどを使って簡単に動画の編集ができます。

フィード投稿のようにいいねやコメントができるほか、タイムライン上、ホーム画面に並べて表示もできます。また、リールの見方は様々あり、多くのユーザーに閲覧してもらえる機会があります。

img

リールを活用するメリット

フォロワー以外のユーザーの目に止まりやすい
企業にとってリール動画を活用する最大のメリットは、フォロワー以外にも動画を見てもらえることです。フィード投稿もハッシュタグ検索でフォロワー以外にアプローチができますが、リールは表示枠やアイコンなど様々な場所で閲覧できます。

そして、リールタブではユーザーの興味と関連性の高いアカウントのリールがランダムで表示されるため、アカウントの発見率が高く、新規リーチに繋がりやすいのです。スタイルメントでも、リールを投稿してみたところ、リーチ数が一気に急増しました。

ストーリーズ・IGTVとの違い
Instagramの似た機能として縦長の動画が投稿できるストーリーズとIGTVがあります。それぞれにメリットはありますが、ストーリーズは24時間で自動的に削除されてしまうこと、IGTVでは1分以上の動画ではければ投稿できないため、投稿するハードルが上がってしまいます。両方ともフォロワーに向けた機能であるためフォロワー以外に見られる機会がリールより少なくなってしまいます。

その点、リールは60秒以内の動画をアプリ内で編集でき、おすすめ表示でフォロワー以外に見てもらう機会があるため、フォロワーを獲得する機会も高くなります。また、フィード投稿にも残るためフォロワーにも見ていただくことができます。動画制作をあまりしたことのない方でも手軽に企業の魅力を動画で発信することができます。

ストーリーズに関する記事はこちらです

リールを投稿した効果

実際にスタイルメントがリール動画を投稿した際のアクセス数の変化をご紹介します。リールを投稿する前の週から700%もリーチしたアカウント数が増えました。この週はフィード投稿を5回、リール動画を1回投稿したのですが、フォロワー以外がリールを閲覧した数がフィード投稿よりも10倍多く閲覧されている事がわかりました。また、インプレッション数も前の週から200%上がりました。

Instagramでは1週間限定でリーチしたユーザーの住んでいる都市、国、年齢、性別をグラフで確認する事ができます。リールは専用タブですと、ランダムに動画が流れるため、日本以外に海外からのユーザーにも動画が届いているという事がグラフでわかります。リールは特定のターゲットだけでなく、世界中のユーザーに満遍なく動画を見てもらう事ができて、今までアカウントを知らなかったユーザーにも興味関心を持ってもらえます。

img

リーチとは
リーチとは、投稿を見たユーザーの数のことです。 投稿を目にするということは「いいね」やフォロワーの獲得に繋がりやすいので、Instagramにおいて大切な指標になっています。 確認方法はホーム画面にあるインサイトから確認することができます。(企業アカウントのみ)

IGTVとは
Instagramの中で1分~最長60分の動画を投稿できる機能です。 この機能を使ってフィードやストーリーズに動画をあげることができます。 コメントやいいねは履歴として残りますが、どんなユーザーが閲覧したかの足跡は残りません。Instagramでの編集はできないため、動画アプリで編集した動画をアップロードします。

インプレッション
投稿が表示された回数のことです。

いいねされやすい動画のコツとは?

離脱率を下げるような動画作り
リールでは最初の1〜3秒で動画の内容が判断されます。この間にユーザーの興味喚起させることで動画を最後まで見てもらえたり、アカウントに興味を持ってもらえるようになります。
このためには

  • テンポのいい動画
  • 最初に動画の内容を簡潔に伝える
  • 興味の引くタイトル・サムネイル

などを意識して動画を制作してみてはいかがでしょうか?

トレンドを抑える
季節のイベントやトレンドなどを先取りして、ユーザのニーズにあった投稿を心がけましょう。普段の投稿のインサイトからユーザーがどんなことを注目しているのかを分析しながら制作してみてもいいと思います。

実際に運用してみての印象

リール動画を投稿していくことが決まったとき、本当に自分たちで動画を編集して投稿していけるのか、というのが一番の不安でした。しかし、実際作り始めてみるとインスタグラムの中や無料の動画制作アプリで気軽に短時間で動画が制作できてしまい、これなら継続して動画を上げられそうだと思いました。

リールを上げた週のインサイトを確認した際、フォロワー外のユーザー、しかも日本だけではなく世界各地の人にも動画を見ていただけていて、その動画で興味を持ってプロフィール画面まで見に来てくれているのが数値で確認できて、今までの投稿以上に運用上の効果も大きいことが実感できました。

個人的な感想ですが、私は今まであまり自分の作った何かを世界に向けて発信するような活動をしてこなかったので、世界各地の人が自分の作った動画に反応してアクションを起こしてくれているのがとても嬉しかったです。

まとめ

ここまでリールについての説明をさせていただきました。

スタイルメントのインスタグラムでは現在今まで制作させていただいたロゴマークのラフスケッチから完成までの過程を上げていく動画を制作しています。ロゴマークを1つ制作するだけでもたくさんのアイデアを出し、クライアントと一緒にブランドの目指すイメージに一番寄り添うデザインを模索していくスタイルメントの熱意を感じていただければと思います。

これからも、ロゴマークだけでなく、スタイルメントがお手伝いさせていただいたデザインツールについてのご紹介、ブランディングとデザインの魅力を動画でも発信していきますのでこれからもお楽しみにしていただけたらと思います。また、Instagramについて知りたいことやこんな投稿が見たいなどのご意見がございましたら、お問い合わせ、またはInstagramのDMでも受け付けております。


<スタイルメントのインスタグラムについて>
過去に掲載したリールはホーム画面中央の動画のアイコンから確認できます。
ご興味を持った方はぜひご覧になってください。
インスタグラムアカウント

スタイルメントではSNS運用をはじめ企業ブランディングのご提案やコーポレートサイト制作・リニューアルを承っております。
まずはご相談から、お気軽にお問い合わせください。

同じカテゴリーの記事

Stylement Official Instagram