STLOGスタログ

2022.01.20

#

ブランドサイトはなぜ必要?役割や目的をご紹介!

ブランディング コラム

ブランドサイトは企業にとって主力商品やサービスなどのブランドのイメージを消費者に伝えるという重要な役割があります。具体的にブランドサイトがどのような役割や目的があるのかを弊社の実績を参考に紹介していきます。

目次

そもそも“ブランドサイト”とは?

ブランドサイトとはテレビCM広告のようにブランドの世界観をビジュアルやデザインでユーザーに伝えるためのサイトのことです。ブランディングとして様々な施策を行う上で、ユーザーがより詳しい情報を得られる場所の1つです。

コーポレートサイトと比べると、ブランドサイトはターゲットがそのブランドの商品・サービスを利用するユーザーが主になりますが、コーポレートサイトはその他に取引先や求職者などが閲覧することを想定して作られます。

ブランドサイトの役割・目的

そもそも、ブランドサイトとはどのような役割を持ち、どのような目的で作るのでしょうか。いくつかある役割や目的の中から4つ紹介いたします。

1.ブランドの認知度を向上させる
情報拡散力の高いホームページではブランド自体の認知も重要になります。「こんな商品が欲しい!」といった要望があってもその商品の特定には至っていないユーザーの検索での流入を狙い、ブランドを認知させることができれば、商品やサービスの購入につながる可能性があります。

2.ブランドの理解を深めてもらう
ブランド名は知っていてもブランドそのものをよく知らないという商品やサービスも多いと思います。そういったユーザーにアプローチをして、誘導されたユーザーがより詳細な情報を得られるようにビジュアルやテキストでわかりやすく正しく伝える必要があります。

3.ブランドの信頼獲得につなげる
ブランドを知っていても、まだいまいち信頼していないユーザーには利用・購入をしてもらうことが難しいです。そんなユーザーには安心できる情報や、優位性を感じる情報など買わない理由を払拭するような情報を伝える必要があります。

4.サービスや商品の利用・購入を促す
ブランドサイトは多くの場合、購入意欲があったり購入を検討しているユーザーの目に触れます。ブランドサイトは商品やサービスを案内し、ECサイトの購入ページへ誘導して商品やサービスの購入を促す役割も担います。

弊社の事例

実際に弊社が過去に制作したブランドサイトの中から2つご紹介いたします。

株式会社フレシネジャパン「CASTELLBLANC」

img

株式会社フレシネジャパン様が運営するスペインのスパークリングワイン「CASTELLBLANC」という商品のサイト。商品のイメージに合わせて白とゴールドをベースに空間を生かしたレイアウトで上品さを表現しています。 ブランドの紹介以外にも、こだわり抜いて築き上げてきた品質と格式をアピールするために理念や歴史について紹介するページも制作しました。

株式会社鎌倉製作所「COOLEX」

img

産業用換気装置を扱う鎌倉製作所様の「COOLEX」という商品のサイト。ファーストビューで暑い作業場でもクールに過ごせる商品であることが一目で伝わる涼しげなビジュアルを使用しています。 サイトの構造はシンプルですが、ユーザー目線で商品を探しやすく、また商品を比較することで理解しやすいような設計になっています。導入事例のページでは実際に導入している企業の声を掲載し、購入を検討しているユーザーに購入を後押しする効果があります。

まとめ

ここまでブランドサイトの役割や目的について紹介させていただきました。ブランドサイトではまずユーザーに知ってもらう・深く理解してもらうためにはどう伝えればいいか工夫することが重要になります。ブランドサイトの役割や目的を理解した上でしっかりとしたブランドのコンセプトを作り上げて表現していくことが必要になります。

スタイルメントではブランドサイトの他、企業ブランディングのご提案やコーポレートサイト制作・リニューアルを承っております。
まずはご相談から、お気軽にお問い合わせください。
サービスページはこちら

<ブランドサイトの制作実績はこちらから>
ブランドサイト実績紹介

<お問い合わせはこちらから>
お問い合わせフォーム

同じカテゴリーの記事

Stylement Official Instagram