STLOGスタログ

2021.11.01

#

【Instagram活用術1】ストーリーズを活用して企業のファンを増やす方法

コラム

スタイルメントでは今年4月よりインスタグラムの運用をはじめました。半年インスタグラムを運営してみて、ファンを獲得するにはストーリー機能を活用することが重要だと痛感しました。今回は企業がストーリーズを活用する上で注目したいポイントをご紹介します。 弊社インスタグラムアカウント

目次

はじめに

スタログをご覧の皆様こんにちは。4月からスタイルメントに新卒として入社したアシスタントデザイナーの古谷と申します。入社してすぐインスタグラムを運用することになり、企業のSNS運用についてアカウント開設の仕方から調べながらではありますが、運用を続けてきました。現在、スタイルメントのアカウントでは主に過去に制作したデザインを投稿しており、少しずつ見てくださる方、反応をくださる方が増えてきました。スタイルメントではさらなるファンの獲得のためどんなことをすればいいのか日々施策に燃えております。

私も調べつつ運用しつつ蓄えてきた、企業のSNS運用に役立てられるノウハウをスタログを通して共有させていただきます。ご覧の皆様もインスタグラムを活用して幅広い層に企業の魅力を伝えていきましょう!

ストーリーズとは

Instagramで通常のフィード投稿とは別に画面上部に表示される投稿のことです。
24時間以内にに削除されることが大きな特徴で、限定的な情報を気軽に投稿・閲覧でき、多くのユーザーが利用しています。
ハイライト機能を使うことで、投稿をプロフィールページにまとめることもできます。

img

img

img

ストーリーズを活用するメリット

フィードより目につきやすい

フィードはタイムライン上に埋もれてしまう可能性があり、なかなか投稿を確認してもらえないこともあります。それに対し、ストーリーズは常に画面上部にあるため、アクティブ率が高く、手軽にユーザーに見てもらえます。また、フィードは正方形の枠内に表示されるのに対して、全画面に表示されるため、よりダイナミックな画像や動画を投稿できます。

インサイト機能でユーザーの分析が可能

閲覧人数やストーリーズを見たユーザーの細かいアクションを確認できます。年齢層も確認できるため、ユーザーの反応をみて、更なるマーケティングに繋げることもできます。

img

img

ストーリーズ投稿するポイント

リアルタイム感のある投稿をする

ストーリーの最大の特徴である24時間以内で消える点を生かし、最新の情報やキャンペーン、クーポンなどを投稿することでユーザーに限定感を感じてもらうことができます。

UGC(User Generated Content)に注目する

UGCとはユーザーから発生したコンテンツ(投稿やストーリーズなど)のことです。ユーザーの投稿に反応し、リポスト(他のユーザーの投稿を引用すること)してストーリーズにシェアすることで、ユーザーに企業アカウントを身近に感じてもらえます。また、近年はUGCが消費者の購買決定に及ぼす影響が強くなっており、企業には無い消費者目線での投稿を他のユーザー見ることで、購買意欲を高めることにも繋がります。

投稿内容に統一感を持たせる

わかりやすいレイアウト、統一感のあるデザインでストーリーズを投稿をすることで企業のイメージ、ブランド、世界観をより的確に伝えることができます。

まとめ

ストーリーズ活用のポイントをまとめてお伝えしました。ポイントを踏まえてストーリーズを活用してみてはいかがでしょうか。私自身まだまだ勉強中なので、シリーズを通して皆さんと一緒にどんどんSNS運用について詳しくなっていくつもりです。

ちなみに、今までは特定のアカウントや一定のフォロワー数が無ければ、ストーリーズにリンクを貼ることができませんでしたが、8月末に登場した新機能のリンクスタンプを使うことで、誰でもストーリーズにリンクを貼ることができるようになりました。商品の紹介をした投稿に自社やECサイトのリンクを貼り導線を作ることでコンバージョン率をあげることができます。リンクの有無で施策の効果は全然変わってくるので、インスタグラムの新機能も駆使しながら、情報を発信していきましょう。

スタイルメントもSNSを活用して皆様にまだまだお届けできていないデザインの魅力や企業ブランディングのコツを発信していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。


<スタイルメントのインスタグラムについて>
過去に掲載したストーリーズをプロフィールページのハイライトにまとめております。
ご興味を持った方はぜひご覧になってください。
インスタグラムアカウント

スタイルメントではSNS運用をはじめ企業ブランディングのご提案やコーポレートサイト制作・リニューアルを承っております。
まずはご相談から、お気軽にお問い合わせください。

同じカテゴリーの記事

メルマガ登録