STLOGスタログ

2021.05.11

#

【2021年度5月版】Web制作に活用可能な補助金制度

トレンド

昨年に引き続き今年も多くの補助金制度が発表されています。その中からWebサイト制作に活用可能な制度をまとめましたので、申請の検討にお役立てください。※詳細な条件などは各制度の公式サイトをご確認ください

目次

持続化補助金<一般型>

持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。

■補助金額
総費用の2/3、50万円が補助上限。

■活用のポイント
・販路開拓のためのWebサイト制作やページ更新、Web以外のDMやパンフレット作成などにも活用可能
・「小規模事業者」の条件は個人事業主、または5名以下(一部業種は20名以下)の企業

■直近の申請締切
6月4日(木)

<公式サイト>
https://r1.jizokukahojokin.info/

持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>

小規模事業者が経営計画及び補助事業計画を作成して取り組む、感染拡大防止のための対人接触機会の減少と事業継続を両立させるポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に関する取組を支援するものです。

■補助金額
総費用の3/4、100万円が補助上限。

■活用のポイント
・基本的には<一般型>の持続化補助金と同様の内容で活用可能
・ただし「感染拡大防止のための…」にあたる計画でなくてはならない

■直近の申請締切
7月7日(水)

<公式サイト>
https://www.jizokuka-post-corona.jp/

IT導入補助金<低感染リスク型ビジネス枠>

中小企業・小規模事業者のみなさまがITツール導入に活用いただける補助金です。令和2年度第3次補正から追加された低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)は複数プロセスの非対面化や業務の更なる効率化を目的とした事業が対象。

■補助金額
総費用の2/3、450万円が補助上限。

■活用のポイント
・Webサイトは特別枠の「ECサイト制作」のみが補助対象
・中小企業、小規模事業者が補助対象

■直近の申請締切
5月14日(金)17:00
(次回は7月中の締め切りを予定)

<公式サイト>
https://www.it-hojo.jp/

ものづくり補助金

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

■補助金額
100万円~1,000万円。中小企業は総費用の1/2、小規模事業者は2/3が補助上限

■活用のポイント
・革新的なサービスやシステムの構築を支援。設備投資の補助がメイン
・Webサイトは上記の取り組みに含まれるもの制作が対象

■直近の申請締切
5月20日(木)17:00
※次回締め切りは8月3日(火)予定

<公式サイト>
https://portal.monodukuri-hojo.jp/index.html

事業再構築補助金

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、当面の需要や売り上げの回復が期待しづらい中、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために中小企業等の事業再構築を支援することで、日本経済の構造転換を促すことが重要です。そのため、新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、又は事業再編という思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。

■補助金額
[中小企業]
通常枠:100万円~6000万円(補助率2/3)
卒業枠:6000万円超~1億円(補助率2/3)
[中堅企業]
通常枠:100万円~8000万円(補助率1/2、4000万円超は1/3)
グローバルV字回復枠:8000万円超~1億円(補助率1/2)

■活用のポイント
・事業再構築計画に含まれるWebサイト全般が補助対象

■直近の申請締切
7月上旬予定

<公式サイト>
https://jigyou-saikouchiku.jp/

補助金活用に関するお問い合わせ

スタイルメントでは補助金を活用した制作や、補助金申請をサポートいたします。活用目的や計画の相談から受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

同じカテゴリーの記事