works web design
NHK映像マップ「みちしる」
日本放送協会

後世に伝えるべき国内映像を地図にマッピング

「みちしる」は、これまでNHKが収録・保管してきた地域映像を配信する動画サイトです。その一つ一つに日本全国の歴史文化や風土を伝える映像が収められており、これらの貴重な記録を、日本地図にマッピングし、ユーザーが自在に検索・閲覧できるサイトとなっています。

NHK映像マップ「みちしる」
  • デザイン
  • システム開発
  • プランニング
  • 運用

様々な視点で映像を探すことができるインターフェース

michi_0002

このプロジェクトでは、各地域の文化や映像などNHKが保有している貴重な歴史映像アーカイブをいかにユーザーに届けるかが課題でした。

地図を用いた直感的なインターフェースと、日本全国の自然・文化・歴史映像を、カテゴリー別やユーザーの評価別など、様々な視点から検索し閲覧できる設計になっています。

「みちしる」のロゴマークは、道をイメージして交差したり、一本の道がつながっていくようなイメージでデザインしています。

各映像には投稿機能を設け、写真を募集し、ユーザーの共感の場も提供することでサイトへの参加意識を高める工夫をしています。

モバイル端末にあわせたインターフェースを作成し、今後もより使いやすいサイトへと進化していきます。

2012年 グッドデザイン賞を受賞しました

グッドデザイン賞を受賞しました

「みちしる」は「生活領域のためのメディア」部門でグッドデザインを受賞しました。

※グッドデザイン賞とは

「グッドデザイン賞」は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度です。その母体となったのは、1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」であり、以来50年以上にわたって、私たちの暮らしと産業、そして社会全体を豊かにする「よいデザイン」を顕彰し続けてきました。 その対象はデザインのあらゆる領域にわたり、受賞数は毎年約1,000件、55年間で約38,000件に及んでいます。 賞はこの「グッドデザイン賞」と、さらに複数の「特別賞」で構成され、受賞したデザインには「Gマーク」をつけることが認められます。最新のアンケート調査では、このGマークの認知率は88%にも及んでいます。「Gマーク」は創設以来半世紀以上にわたり、「よいデザイン」の指標として、その役割を果たし続けています。